アラフォー婚活者の悩みと解決法とは

アラフォーで婚活している人でなかなか決まらない人に多いのが、「こんな年齢だから妥協した方がいいのかしら」、「この年齢で婚活なんてやっても無駄なのかしら」という年齢を理由にした悩みを持つことです。20代や30代の前半の頃には、年齢というオプションがあったので婚活市場での自分の価値を無条件で高く見積もれたものです。自身が若いので、「年齢は若ければ若いほどいい」という自分が思う世間の目と自分自身の目が合致していることに納得し、そこに疑問をもつ必要もなかったのです。でも、その目を強く持ったままでアラフォーの人が婚活をすると、年齢の悩みばかりで頭がいっぱいになり、どうしてもうまくいかない結果になります。
条件のいい異性に自分が気に入られないのも、年下の異性からは払い下げになるのも、すべて「年齢のせい」ということに自分がしてしまうからです。さらには、あの人が条件のいい異性と上手くいくのも、「年齢が若いせい」ということになってしまうのです。
婚活のすべては、年齢で決まるのでしょうか?答えは、イエス。そしてノーです。年齢を強く意識する人は、年齢で相手を選ぶ傾向にありますし、年齢をさほど気にしない人は年齢を気にしない相手に選ばれるのです。普通のアラフォーの女性が何歳も離れた男性と意外に結婚するケースが多いのは、まさにお互いが年齢を度外視して相手を選んでいるからなのです。
「年齢のせい」という悩みを外したいなら、まずは、自分が「年齢」によって相手を探すことをしていないかを見つめ直すことです。自分が「若ければ若いほどいい」という価値観を握りしめていたら、その価値観をゆるめることをおすすめします。