アラフォーが婚活するのは厳しいですか?

一昔前までは、40代以上といえば、おじさん、おばさんという言葉がふさわしい世代で、恋愛や結婚などのイベントは既に無縁の人たち、という認識が一般的なものでした。しかし、最近では美魔女という言葉が流行っていることからも、いくつになっても若々しく美しさを保ち続けている人が増えています。アラフォーという表現も、くたびれた中高年層のイメージはなく、若くて仕事にも恋愛にも積極的に取り組んでいる人たち、という印象を与えがちです。しかし、こうした言葉とは裏腹に、ほとんどのアラフォー世代の人々にとって、婚活は厳しいと言わざるを得ない状況です。アラフォー世代の中でも、30代後半の人ならば、まだ結婚の可能性は大いに残されています。今や男女ともに30代の結婚は珍しいものではなくなりましたし、逆に20代で結婚する人は、早すぎると周囲から珍しがられるほどです。しかし、40代に入ると、途端に結婚のハードルが上がってしまうのです。女性の場合は高齢出産のリスクが高まりますし、男性の場合でも、将来子どもを持つことを考えると、子どもが成人した時に自分が還暦以上の年齢だということは、将来設計上リスクが大きいと言えます。こうしたリスクを考えると、40代以上の人にとっては、よほど本気で婚活に取り組まない限り、結婚するには厳しい条件が揃っているといえます。何しろ、この年齢まで独身で過ごしてきた人にとって、相手に合わせた生活をするということはかなり厳しいことです。アラフォー世代の人は、婚活市場における自分の立ち位置をよく考える必要があります。